top of page
複数のご注文・複数箇所への配送をご希望の方は、配送地域ごとにカートに入れてご購入ください。

【ご注文は3束からとなります。】

 

【お詫び】

暖冬の影響で今節はクール便にてお届けしております。

お客さまには大変ご迷惑をお掛け致しますが、

何卒ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

 

◎ 若ごぼうのアク抜き方法 ◎

 

【根】

土をしっかりと洗い落とし、

包丁の背で細いひげ根をこそげてから切り

20分程度水に浸けるとアクが抜けます。

 

【軸】

同じようしっかり洗い、切ってから

水に20~30分程度浸けます。

 

【葉】

一番アクが強い部分なので、

洗った後たっぷりの水に浸けてアク抜きをし、

鍋にお湯を沸かし、葉の部分を入れさっと茹でます。

すぐに冷水にとり水気を絞ります。

 

※アクが強いようでしたら、絞った後もう一度水をかえて

暫くアク抜きをして下さい。

------------------------------------------------------------

茎や根の部分は、炊き込みご飯や煮物に、

葉の部分はクセが少し強いので、

ふきの葉と同じように佃煮にしたりします。

------------------------------------------------------------

根、軸、葉と切ってから、

湿らせた新聞紙で包んで野菜室で保存すると2~3日は持ちます。

できれば当日下処理をして保存してください。

冷凍保存の場合は下茹でしてから保存してください。

------------------------------------------------------------

 

若ごぼうは、葉ごぼうとも言われ

葉・軸(茎)・根の全てを食べられる

実はとても割のいいお野菜です。

主に関西を中心に古くから食べられた野菜で、

八尾の特産として現在も人気を広めつつあります。

 

◎ 高い栄養価 ◎

葉の部分には毛細血管を強くする働きや

血栓を防いで血流をスムーズにする働きがあり、

高血圧や動脈硬化などリスクを軽減する機能性成分として

期待されている、“ルチン”がたくさん含まれています。

若ごぼうの葉に含まれるルチンの含有量は

ルチンの王様と呼ばれるダッタンソバに匹敵します。

さらに食物繊維はサツマイモの約1.4倍。

鉄分はほうれん草の約1.6倍もあります。

 

◎ 品種 ◎

越前白茎ごぼう

 

◎ 栽培について ◎

若ごぼうは9月に種をまき、

秋から冬に芽を出して葉茎が伸びるが、

これらは筋が多いので収穫せず、霜枯れをさせています。

(※霜枯れ…霜のために草木が枯れしぼむこと)

その後に芽を出した歯茎を収穫します。

枯れた歯茎や根のひげをカッターナイフなどで

きれいにしながら収穫していきます。

 

八尾若ゴボウ 箱3〜10束

¥1,500価格
消費税込み |
  • 基本料金:¥2,510(クール便)

    送料は地域によって異なります。

    詳しくは配送料についてをご確認ください。

bottom of page